XBS は分子や結晶をシンプルな Ball and Stick モデルで 表示します。連続した frame を順に表示するアニメーションも可能です。 PostScript 出力ができます。 表示は派手ではありませんが、小さなプログラムで軽快に動作します。


作者: Michael Methfessel さん
ホームページ: http://www.ihp-ffo.de/~msm/
バージョン: (1997/09/06)
ライセンス: GPL
付属ドキュメント README を読む


インストールしたら、 サンプルが /usr/share/doc/xbs-19970906/ にあります (*.bs というファイル名) ので、試してみましょう。


$ xbs /usr/share/doc/xbs-19970906/c60.bs

で起動する (.bs は付けなくてもよい) と次のような画面が出ます。

カーソルキーおよび "," と "." キーを使って自由に回転させることができます。 テンキー (ただし NumLock すること) では左右上下に移動できます。 ズームは "+" と "-" です。 "n" を押すと各原子の番号を表示し、もう一度 "n" を押すと元素記号を表示します。

"h" を押すとへルプが出ます。終了は "Q" です。 "i" とするとコマンドが入力でき、細かな設定ができます。

起動時にオプション -autocolor を付けて

$ xbs -autocolor /usr/share/doc/xbs-19970906/serp.bs


この serp.bs には 110 の frame がある move file (serp.mv) が付属しています。"[" と "]" キーで frame を順に表示させることができます。

man page は用意されていませんが、 起動時に xbs -h とすると使用法を表示します。

$ xbs -h

Usage:  xbs [flags] id   -- ball-and-sticks plotting program
Data is read from files id.bs and id.mv

Flags:  -geo gg     set window geometry   
        -sc x       set scale factor
        -t title    set window title
        -color      use color
        -bw         b/w with smooth grays
        -st         b/w with stippled grays
        -rv         reverse colors
        -autocolor  chose own colors
        -hh         long help

Help: Enter 'xbs -hh' to get an overview.
For on-line help, press key 'h' for the overview or use
'help <cmd>' or '<cmd> ?' in the input line for information
on a specific command (including possible options).
Request the input line with key 'i'.

Settings: geometry 550x450+0+0, scale 1.00,
color yes, autocolor no, stippled no, reverse no

また xbs -hh とするとロングへルプを表示します。

$ xbs -hh
COMMANDS for input line:
  help  cmd         - on-line help
  inc   degrees     - rotation increment
  pos   x y         - set position
  dpos  dxy         - shift increment
  dist  d           - set distance
  rfac  fac         - scale all radii
  bfac  fac         - scale all bonds
  scale fac         - scale plot
  gramp slope mid   - gray ramp
  light x y z       - light direction
  step  n           - set frame step
  dup   x y z       - duplicate
  cut   x y z a b   - planar cut
  frm   n           - go to frame
  color pat cname   - query or set color
  save   fname      - save data
  update fname      - update from file
  print  fname      - postscript output
  close             - close print file
KEYS (KP=Keypad):
  i        activate input line
  h        help
  space    info
  cursor   rotate R/L, U/D
  , .      rotate in plane
  + -      zoom
  KP 8642  shift plot
  KP 7     shift home
  KP *     set home
  r        redraw
  n        atom numbers
  c        coordinates
  N        bond lengths
  w        wire mode
  g        gray/bw
  b        bonds
  l        cylinders/lines
  L        extra lines
  p        perspective
  a        show axes
  s        line shadows
  x        pixmap buffer
  d D      distance
  [ ]      step frames fw/bk
  { }      first/last frame
  \ |      mark/goto frame
  U        update from file
  Q        quit
INPUT data format:
  atom   label x y z 
  spec   label radius color
  bonds  lab1 lab2 min max radius color
  frame  str   x1 ..   - add frame
  tmat   t1 .. t9      - viewpoint
Also commands which set parameters


LinuxMLD 5,6,7 用の RPM xbs-19970906-1_mlb1.i386.rpm (108,560 bytes) をインストールします。
rpm コマンドでインストールするにはスーパーユーザになって

# rpm -i xbs-19970906-1_mlb1.i386.rpm

MLD 5,6 では Gnome の GUI でインストールすることもできます。

[2003/02/11 作成] [2003/10/07 更新]

このページに関する御意見、御要望を science@mlb.co.jp までお寄せ下さい
Copyright © 2003-2005 Media Lab. All Rights Reserved.